ドライビーによるファイル共有利用法
お客様にご依頼を頂き、当社にてサブユーザー設定が完了し、お客様と当社だけの特定共有フォルダ(特定共有スペース)を作成することによりお客様とファイルを共有することが出来ます。


各種サービスにおけるファイル共有の流れ


@ 当社にてスキャンしたデータを「共有フォルダ」に順次アップすることにより、お客様にはそのデータをタイムリーに御利用頂くことが出来ます。また、CD-R等のメディアに保存してお送りする事による経費及びタイムロスもなくなります。
【当社利用適合サービス】
各種スキャンサービス CADトレース ラスター・ベクター変換


A お客様に出力したいファイルをアップして頂けば、即、当社の各種プロッタにて出力することが出来ます。メディアに保存・送付する手間やファイルの誤保存の問題がなくなりタイムリーなやりとりが可能となります。
【当社利用適合サービス】
大判カラー出力サービス 溶剤系ポスター出力サービス 各種データからの出力
プロッタ出力サービス(CADデータ出力) 電子機器設置テンプレート作成 各種データからの印刷


B Aのサービスで出力した図面やカラーポスター等を納品また、@のサービスでお客様からお預かりした図面や絵画等の原稿をお返しする流れです。
C @のサービスで、図面や絵画等の原稿を御送付頂く流れです。