医療脱毛のデメリット

高額な費用を支払わなければならないこと

医療脱毛で全身脱毛の施術を受ける場合に考えられるデメリットは、やはり費用が高いという点です。医療脱毛クリニックの場合、脱毛サロンに比べると費用は遥かに高額です。その理由は、医療脱毛クリニックは脱毛を医療行為として提供していて、それは自由診療に該当することから費用は否応なしに高くなってしまうのです。また、医療脱毛クリニックで使用することができるレーザー脱毛機器というのは、出力が高くて性能が大変良いです。医療機関にのみ認可されたレーザー脱毛機器を使用しているため、その機器の導入費用にも多額の費用がかかっているのです。その結果、脱毛にかかる費用は30万円を超えることがほとんどであり、手軽さはありません。

レーザーの出力が高いので痛みが強い

医療脱毛クリニックは医療機関であり、使用するレーザー脱毛機器に関しても医療用を用いて施術を行います。医療レーザー脱毛機器は、医療機関にのみ国から認可されたものを使用しているため、性能はとても良いです。しかし、1点難点なのが、レーザーの出力が高いため、施術の際に強い痛みを感じやすい点です。特に、粘膜に近くて皮膚が薄い部分であるVIOラインの施術の際には、ゴムでぱちんと弾いたような強い痛みを感じることがあるといいます。ただし、クリニックということもあって痛みに対する対策はバッチリです。痛みが耐えられないという患者に対しては、施術を行う部分に予め麻酔クリームを塗布し、痛みを軽減できるように対策をしています。