医療脱毛のメリット

高い脱毛効果を期待できる

全身脱毛は、主にクリニックと脱毛サロンで施術を受けられますが、クリニックの医療脱毛は高い脱毛効果を期待できます。脱毛サロンで使用される脱毛器は、毛根やその周囲の細胞の黒色に反応する特殊な光を照射しダメージを与える方法ですが、クリニックで使用される脱毛器はサロンで使用されるものよりも出力が高く設定されています。そのため、より確実に毛根やその周囲の細胞にダメージを与え、高い脱毛効果を得ることが可能です。ただし、脱毛時の痛みはサロンよりも強く感じやすいので、痛みに弱い人や肌へのダメージが気になる人はあらかじめ医師と相談するといいでしょう。また、クリニックによっては痛み止めの麻酔クリームを使用してくれる場合もあるため、使用できるか聞いておくことも方法のひとつです。

医療従事者が行うため安全

クリニックでの脱毛は、特別な資格を有する医療従事者が行うため、安全に施術を受けることができます。脱毛サロンで使用される脱毛器はクリニックで使用される脱毛器よりも出力が低く、肌への負担も少ないですが、操作に特別な資格が必要ないことから人によって技術の差が大きく表れやすいです。クリニックでは脱毛器を操作するために特別な資格が必要となるため、技術の差も少なく安心感があります。また、万が一施術中にトラブルが発生した際も医師のもとですぐに対応が可能な点も特徴のひとつです。他にも施術後に炎症が見られる場合、炎症を抑える薬を処方してくれる場合もあります。このようにサロン脱毛と医療脱毛は様々な違いがみられるため、それぞれの特徴を踏まえた上で自分にあう場所を探すといいでしょう。